千歳・支笏湖氷濤まつり

2011 千歳・支笏湖 氷濤まつり

  2011
千歳・支笏湖
氷濤まつり

千歳市支笏湖湖畔
2011/1/28(金)〜2011/2/13(日) 
  会場アクセス  行事プログラム  
 
 今年で33回目を迎える『千歳・支笏湖 氷濤まつり』
 2011年に開催された『2011千歳・支笏湖氷濤まつり』に行ってきたので、その様子を伝えていきます。氷濤のライトアップされて色鮮やかに照らし出されている様子は、言葉で語るより写真で見ていただけたらと思います。
 この祭りに行く際に注意してほしいこととしては、まず1つ目が防寒。寒さが半端でないので、少しでも長くこの会場にいたいのなら、帽子・手袋・股引(スパッツ)・カイロは必須です。できれば、スキーウェアなどで行った方がより楽しめると思います。特に子供はスキーウェアを着ていけば、滑り台やスケートリンクも楽しめます。
 次に、会場周辺の道路がすごく混雑します。夜のライトアップがきれいなので、夕方以降は到着にかなり時間がかかると考えていてください。特に花火の時間は激込みです。(HPでもこの事について説明されています。⇒http://www.shikotsuko.com/hyoto2011/frame-0129.htmの最下部
 千歳空港からバスも出ています。時間がある方は、飛行機に乗る前に支笏湖へ
2011千歳・支笏湖氷濤まつりの全体の雰囲気  
  

 
会場入り口と会場内マップ
 
苔の洞門をイメージした氷濤
  

 
花火の様子
  





本州から北海道に行くならこのサイトは必見です。
(管理人も関西在住の時、このサイトで全て北海道旅行しました。)




トップページ
北海道観光